L O A D I N G
blog banner

道央地域の魅力的な街・小樽市の見どころや楽しみ方

小樽市の場所やアクセス

道央地域を代表する都市である小樽市は、県庁所在地・札幌市の西隣に位置しています。市内に空港は存在しませんが、新千歳空港内の駅から小樽駅まで向かう快速電車に乗車すると75分で到着するため、実は遠方から日帰りで遊びに来る事も可能です。なお、飛行機が苦手な場合は北海道新幹線の終点・新函館北斗駅から特急を乗り継いでアクセスする事も出来ますが、新函館北斗駅から小樽駅までは4時間以上の時間がかかります。

運河エリアが観光地として人気

小樽市は昭和時代から運河ある街として有名です。このエリアには歴史的建造物が数多く残されているほか、夜になるとガス灯の火が灯ってロマンチックな雰囲気になるため、観光客の間では特に人気があります。特に雪が積もった冬の夜の光景は最高にムーディーなため、カップル客にはおすすめです。また、冬季に旅行をするにあたってSNS映えする写真を撮影をしたいなら、この場所に来るのが良いでしょう。

ちなみに、運河付近には大正ロマン溢れる商店街があり、こちらは食事をしたりお土産を買うエリアとして最適です。

食べ物は寿司などがおすすめ

小樽の市街地でご当地グルメを食べたい場合は、なんといっても寿司がおすすめです。古くから漁港として栄えてきた小樽は日本有数の寿司の街として知られ、たくさんの寿司店が営業しています。ブランド力が高いからといって値段が高額という事はなく、回転寿司店でもあまりお金をかける事なく美味しい寿司を食べられます。その他、函館を拠点としたハンバーガーチェーンでは海の幸を利用したメニューも堪能できます。

北海道の旅行では、大自然を満喫できる世界自然遺産や、ノスタルジックな雰囲気が感じられる運河など、さまざまな観光スポットを楽しむことができます。